ホノルルマラソン・HonoluluMarathon 15年連続でホノルルマラソンに出場したランニングコーチが、ホノルルマラソンの完走のテクニックや魅力をお伝えします。

テーピング

(1)目的
  1.予防のテーピング     ケガを未然に防止する
  2.救急処置のテーピング   ケガをした箇所の動きを制限し、安静を保つ。 
                 可能なら試合にもどる。
  3.再発予防のテーピング   以前したケガの再発防止。

(2)効果 
  1.関節の動きを制限する。
  2.部分的に圧迫を加える。
  3.痛みを和らげる。
  4.精神的な助けになる。

(3)一般的な注意事項
  1.テーピングは万能ではなく、全てのケガに対して効果があるわけではない。
  2・どのようなケガなのか理解しておく。
  3.正しい順序と方法で行わないとケガの可能性が増す。
  4.テーピングではケガは治らない。

(4)テーピングを行う時の注意事項
  1・テーピングを施す箇所が正しいポジションにあるようにする。
  2.テーピングを施す箇所が綺麗な状態である。
  3.ケガの状況を考え適切なテープを選ぶ。
  4・必要であればアンダーラップを薄く巻く。
  5.アンカーテープからスタートし、アンカーテープで終わる。
  6・こまめにテーピングを切る。(グルグル巻かない)
  7・直前に巻いたテープと半分ほど重なるようにする。
  8・シワにならないよう、骨の形にそって、丁寧に巻く。
  9・テーピングの薄い所、厚い所がないように、均一に巻く。
 10.きつ過ぎず、ゆる過ぎない。
 11.テーピングをはがす際も注意を払う。

(5)テーピングの基本型
  1.アンカーテープ―――ケガの部位を中心に上下、又は左右に貼る。
    テーピングの始めと終わりに行う。
  2.サポートテープ―――テーピングの本体で、関節や筋肉を支持・固定する。
   @Xサポート:2本のテープをX字型に強く引っ張って貼る。
   A縦方向のサポート:靭帯や筋肉に沿って貼る。
   B水平方向のサポート:筋肉を固定する。
   Cスパイラルテープ:らせん状に貼り、関節の動きを制限する。
   Dフィギュアエイトテープ:関節を中心に8の字を書くように貼る。
   Eスプリットテープ:伸縮テープを半分に裂いて行う。
   Fスターアップテープ・ホースシューテープ:足首に行う。

(6)部位別テーピング 
  1.アーチ(土踏まず)
   @アンカー
   AXサポートの繰り返し
   B水平方向のサポート
   Cアンカー 
  2.足首 
   @アンカー 
   Aスターアップ・ホースシューテープの繰り返し(3回)
   Bアンカー
   Cフィギュアエイト
   Dヒールロック内側
   Eヒールロック外側
   Fアンカー
  3.アキレス腱:足首を少し伸ばした状態
   @アンカー
   AXサポート
   B縦方向のサポート
   Cアンカー
   Dサーキュラーテープ
  4.膝(基本型):少し曲げリラックスした状態
   @アンカー
   Aスパイラルテープ内側
   Bスパイラルテープ外側
   CXサポート内側
   DXサポート外側
   E縦方向のサポート
   Fスプリットテープ
   Gアンカー
  5.太腿:リラックスした状態
   @アンカー
   AXサポートの繰り返し
   B水平方向のサポートの繰り返し
   Cアンカー
  6.股関節(基本型):痛みの出る動きを考えて、どの状態が正しいか判断する。
   @フィギュアエイトの繰り返し
   Aフィギュアエイトの端を止める
  7.肘:肘を少し曲げた状態
   @アンカー
   AXサポート
   B縦方向のサポート
   Cアンカー
   Dサーキュラーテープ
  8.手首(基本型):痛みの出る動きを考えて、どの状態が正しいか判断する。
   @アンカー
   AXサポート
   B縦方向のサポート
   Cサポートの繰り返し
   Dアンカー
  9.親指:親指を立てた状態
   @アンカー
   Aフィギュアエイトの繰り返し。
   Bアンカー
    親指テープは一般的にサムスパイカと呼ばれる 
 10.指:少し曲げた状態 
   @アンカー 
   AXサポート
   B縦方向のサポート 
   Cアンカー
    突き指などは隣の指に固定することもある(バディテープ)



TOP
Copyright (C) 2001-2007 Momona All rights Reserved.